2019.10.08

小林誠司がCSで警戒する阪神の選手
「対戦の際に気持ちが熱くなる」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Sankei Visual

 クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージが終わり、セ・リーグはDeNAとの激闘を制した阪神がファイナルステージ進出を決めた。対する巨人は、投手三冠(最多勝、最多奪三振、勝率)に輝いた山口俊が、ファイナルステージ第1戦で先発に起用されることが濃厚。スタメンマスクは、シーズン中に山口を支えた小林誠司が被ることになりそうだ。

 今シーズンの小林は、FAで西武から移籍してきた炭谷銀仁朗、若手の大城卓三の台頭などもあり、出場試合数は昨年(119試合)を下回る92試合にとどまった。そんな激しい正捕手争いをしながらチームのリーグ優勝に貢献した小林に、CSと日本シリーズ、そして引退を発表した”大黒柱”阿部慎之助への思いを聞いた。

今季限りでの引退を発表した阿部の背中を見て成長した小林――今シーズン、巨人は5年ぶりにリーグ優勝を果たしましたが、この1年を振り返っていかがですか?

「優勝の瞬間(9月21のDeNA戦で7回裏から途中出場)にマスクを被れていたことはうれしいですが、シーズンとしては出場機会が減り、100試合にも満たなかったので悔しい1年でもありました。とにかく1試合、1試合を必死でやったという記憶しかありません」

――昨オフにFAで西武から炭谷銀仁朗選手が移籍してきて、正捕手争いがより激しくなりましたね。

「大城(卓三)も力をつけてきましたし、過去にない競争があったシーズンでしたね。でも、目標はチームが勝つことですから、キャッチャー同士でしっかりコミュニケーションを取っていました。とくにFA移籍1年目の銀仁朗さんには菅野(智之)の特長を伝えたり、セ・パの投手について話しあったり。銀仁朗さんは経験豊富ですから、いろんなことを学ぶことができました」