2019.07.02

光る「コミュ力」。DeNAの中心にいる
正捕手・伊藤光の意外な一面

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Kyodo News

 あのトレードから1年が経過した。

「ベイスターズに救われたといっても過言ではない状況ですよね。そういった意味からも感謝を込め、日々、全力でプレーしています」

 DeNAの伊藤光は、噛みしめるように「救われた」と語った。

今シーズン、DeNAの正捕手として投手陣をまとめる伊藤光 昨年の7月9日、オリックスの伊藤と赤間謙、DeNAの白崎浩之と髙城俊人との2対2のトレードが発表された。生涯オリックスで生きていくと覚悟していた伊藤からすれば、まさに寝耳に水の出来事だった。

 DeNAは経験豊富なパ・リーグを代表するキャッチャーの加入に期待したが、準備期間の短さからか、伊藤は思うような結果を残すことなくシーズンを終えてしまう。

「昨年はまったく状況がわからない中、チームに入って3カ月、いろんなことを覚えるだけで終わってしまったというか……逆に迷惑をかけてしまったのかなという気持ちが強かったですね」

 しかし今シーズン、伊藤はここまで(7月1日現在)73試合中54試合でスタメンマスクを被り、正捕手としてチームを背負う存在となっている。

 打撃面においては打率.241と苦しんでいるが、本塁打はすでにキャリアハイとなる6本を放ち、またチームバッティングに徹することで、大和とともに下位打線のキーマンとなっている。

「昨年の秋季キャンプ、そして今年の春季キャンプを通じ、チームやピッチャーのことを深く知ることができました。また自分のことも理解してもらい、コミュニケーションが取れている。それがいい方向に進んでいると思います」

 とはいえ、いいことばかりではない。今季、チームは10連敗を経験する。その渦中、忘れられないシーンとなったのが、4月25日の阪神戦(横浜スタジアム)だ。3-2でリードの9回裏、マウンドには守護神の山﨑康晃が上がったが、先頭の梅野隆太郎に四球を与えると、つづく北條史也の犠打を山﨑が悪送球。無死一、二塁のピンチを迎えてしまうと、ここで伊藤は嶺井博希との交代を命じられる。