2019.02.22

与田剛監督が語る中日再建案。
ベテラン選手へ「勘違いしてほしくない」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

── ドラゴンズは昨シーズンまで6年連続Bクラスです。監督はこのチームに対して、競争させようという意識と任せようという意識、そのバランスをどんなふうに考えていますか。

与田 そこは変動するものじゃないですか。競争させる度合いもその都度、変わってくると思いますし、逆に競争させずに安心感を与えなければいけない時期もある。ただ、戦い終えて、勝ち抜いた人間にいつまでも競争心を求めるのもよくないと思うんです。「厳しい競争に勝ち抜いてきたんだから、オレは自信を持ってお前に任せる。不安なく戦ってこい」と送り出してあげることも大事だと思っています。

── となると、今のドラゴンズで、ピッチャー、野手、それぞれ、お前に任せると言ってあげられる、チームのど真ん中にいてもらいたい選手は誰になるのでしょう。

与田 真ん中という表現ではないかもしれませんが、ビシエドをはじめとする外国人については固めるつもりでいます。このあたりの選手に競争意識を持たせて焦らせてしまっては、能力を半減させてしまう恐れがありますからね。

── 今年、本人の希望からキャンプを二軍でスタートした藤井淳志選手、平田良介選手、大島洋平選手がゆっくり調整しているように見えました。監督としては彼らに「任せるぞ」という気持ちがあるのかもしれませんが、チームが生まれ変わろうとしているとき、彼らこそキャンプのスタートから一軍のど真ん中にいるべきではないのかと思ったのですが、そこはいかがお考えですか。

与田 キャンプを二軍でスタートしたベテランに関しては、任せているという表現をメディアは使うんですけど、私は任せているつもりはまったくありません。去年、それなりの成績を残した選手を二軍からスタートさせると、周りは勝手に、二軍でゆっくり調整させる、任せるというふうに受け取るんですけど、私はそうは思ってないんです。