2019.01.29

レギュラー獲りだけじゃない。
ロッテ三木亮はベンチ内の主役も目指す

  • 永田遼太郎●文 text by Nagata Ryotaro
  • photo by Kyodo News

「横一線」――ロッテ・井口資仁監督は2019年のキャンプスタート前に、これから始まる各ポジション争いについて、そう明言した。

 昨年フル出場を果たした鈴木大地、田村龍弘、中村奨吾、藤岡裕大の4人についても、一旦リセットして、キャンプ初日から行なわれる紅白戦で純粋に全選手を競わせる。チーム内に活気と緊張感を持たせ、よりハイレベルなポジション争いをさせるのが、一番の狙いだ。

 キャンプ初日からサバイバルが予想されるなか、虎視眈々と”下剋上”を狙う選手がいる。今年で28歳を迎えるプロ6年目の三木亮だ。

ムードメーカーとして首脳陣からの信頼も厚いロッテ・三木亮「まだ30歳にもなっていないですし、そういう気持ちを常に持っていないとダメだと思うんですよね。やっぱりスタメンで出ることが一番だと思うので……」

 昨年は1年を通して一軍でプレーした三木だったが、スタメンでの起用は全143試合中わずか6試合。そのうち3試合は本職ではない外野での出場だった。また、代走からの途中出場は31試合、守備固めからは21試合、代打からは8試合。つまり、77試合は出番がなかったことになる。それでも三木は、試合開始からゲームセットまでベンチで声出しをするなど、チームの雰囲気づくりに徹した。

 一度、定着した序列を変えるのは並大抵のことではない。それでも三木は抗(あらが)う。日々の鍛錬を積み重ねながら、「今季こそは」とレギュラー獲りを誓う。

 三木の1年の始まりは決まってロッテ浦和球場だ。新人たちが合同自主トレで汗を流しているのを傍目に、自身のやるべきことに没頭。そのタイムスケジュールは1ミリの無駄もない。

「基本的にほかの人に合わせるのが得意じゃないんです。やっぱり自分がやりたいことと、ほかの人がやりたいことって違うじゃないですか。そこで『違うのにな……』と思いながら練習するよりも、自分がやりたいことをやる感じの方が効率もいいですし。入団の時からそのようにしていますが、キャンプに入った際『あれっ、体が動かない』というのもなかったので、今でもそうしています。ひとりで練習していても、ある程度はこなせていると思うので……」