2019.01.24

カープ首脳陣が長野久義に期待。
「化学反応を起こすのは間違いない」

  • 山岡則夫●文 text by Yamaoka Norio
  • photo by Kyodo News

 浅井樹三軍統括コーチは、実際に目の前で見た長野の打撃練習が忘れられないと言う。

「長野の印象は昔から変わらないけど、本当に打撃センスの塊という感じ。もちろん才能というか、持って生まれたものもあるんだろうけど、リストの強さなんて球界でも飛び抜けているんじゃないかな。こればかりは真似できるものではないですからね。

 ベテランの域に達して、衰え始めている部分はあるかもしれない。でも、それを補うだけのものがあると思う。技術だったり、経験だったり……。それに巨人のいいものを広島に持ってきてくれると思っている。なんといっても球界一の伝統を誇る強いチームで、そこでずっとやってきた選手ですから、大きな化学反応を起こすのは間違いないと思います」

 山田和利一軍内野守備・走塁コーチは、自身の専門となる守備、走塁の分野から語ってくれた。

「近年は二軍コーチをやっていたから、直接見る機会は少なかったけど、映像などで見ると以前と変わらず、すばらしい選手だと思います。シートノックなどを見ていても、肩は全盛期と変わらないほど強いし、足もしっかり使えている。

 打撃に関してはここ数年、春先が悪かった。でもチームが変わればそういうのは過去のことで、まったく関係でしょう。キャンプ、オープン戦とやっていくなかで、チームの状況がある程度わかってくると思います。丸が抜けたとはいえ、広島には三拍子揃った外野手がたくさんいるので、最初は左投手の時だけ出ることも考えられる。とはいえ、長野を獲得したのは戦力として期待しているからで、決してチームのまとめ役としての役割を期待しているわけではないと思います」

 現役時代はNPB通算138106セーブを挙げ、投手の最高栄誉である沢村賞も獲得した佐々岡真司一軍投手コーチは、ピッチャー目線で長野について語ってくれた。