2019.01.08

DeNA宮崎敏郎の後継者となるか。
伊藤裕季也の打撃は卓越している

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Kyodo News

 現在、DeNAには宮崎敏郎というリーグ屈指の”バッティング職人”がいる。内角の140キロ台後半のボールを、両腕をたたみ込んでバットの芯でジャストミート。それだけでも相当な技術なのに、そこからボールを持ち上げスタンドに放り込む。そんな”職人芸”を踏襲できる後継者などいないと思っていたが、伊藤の技術力はそれに匹敵する。

 ある球団のスカウトは、伊藤についてこう語っていた。

「たしかに、バッティングはプロの域に近いかもしれないですが、どこを守るかとなると……。あの動きでセカンドは厳しいでしょうし、足もそんなに速くない。まあ、浅村(栄斗/楽天)に見えないこともないんですけどね……」

 伊藤の獲得に消極的だったスカウトたちが指摘するのは、一様に伊藤の「守備力と走力」だった。だが、前出の田口はこう証言する。

「裕季也さん、高校の頃はそんな必死にランニングメニューをやっていたわけじゃないですけど、本気で走った時のスピードは間違いなくチーム1でした」

 よくスカウトが口にする「守れないとダメです」「走れない選手は一軍で使えない」のフレーズ。しかし今のプロ野球を見渡すと、山川穂高(西武)、井上晴哉(ロッテ)、岡本和真(巨人)のように、守ることと走ることを苦手にしているが卓越したバッティング技術とパワーで打線の核としてチームに貢献している選手は何人もいる。」

 走攻守揃った”スーパー”ではなくても、飛び抜けた技術で私たちの胸を躍らせてくれるバットマン。それが伊藤裕季也という選手である。

関連記事