2018.01.01

ロッテ新監督・井口資仁、新春に誓う
「チーム立て直しは今しかない」

  • 田中将介●文 text by Tanaka Masayuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 これまでの井口はチームを背中で引っ張ってきた。「メジャーではチームのみんながベンチから声援を送っている。それなのに日本の選手は試合中でもすぐにベンチ裏に引っ込んでしまう」という違和感から、ベンチの真ん中に座り、ひとり声を出し続けてきた。

 すると、だんだんと他の選手が井口の周りに集まり、一緒に喜怒哀楽を楽しむようになった。そんなエピソードを持つ井口が、選手としてではなく監督として、どのようにチームをつくっていくのか。ストレートに聞いてみると、ハッとするような答えが返ってきた。

「そもそも、チームの”和”というのは、試合に勝たないとできないんですよ。チームが弱かったらバラバラになっていきます」。

 現役時代、福岡ダイエーで2度の日本一、メジャーで2度のワールドシリーズ制覇、日本球界に復帰後、ロッテの中軸としてシーズン3位からクライマックスシリーズでの下克上を果たし、日本シリーズを制覇。優勝請負人と言われてきた井口の言葉には迷いがない。

 試合に勝つ。点の曇りもない目標を実現するカギはどこにあるのか。井口が挙げたのは、エースの完封でもなく、主砲の一打でもなく「控え選手」だった。

「試合には、20人ほどの選手がベンチに入りますが、試合に出られるのはせいぜい10人。僕は控え選手といかにコミュニケーションをとれるかが大切だと思っています。試合中、急に『次、代打いくぞ』じゃなくて、日頃から『こういう場面で代打を出すから準備しておいて』と伝えておけば、選手は監督を信頼してくれるようになります」