2017.06.29

追悼・森慎二コーチ。4月に語っていた
「腕がとれた!」悪夢の故障

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Thomas Anderson/アフロ

脇腹から右腕が生えている…...

──当然、凄まじい痛みが襲ったと思いますが……。

「それはもう、ものすごい痛さで、えづくほどでした。そのときに自分のなかにあったのは、『痛い!』というのと『もう終わったな』という感情が半分半分。腕がポロンと落ちるんじゃないかと感じたので、本能的に左手で右腕を支えました。でも、関節が外れているから、重くて重くて……自分の腕とは思えないくらい。そのままの体勢ではいられなかったので、マウンドにしゃがみ込んで、右腕を足の上に置きました」

──本当に一瞬のことですよね。

「上腕の骨頭が脇腹に当たりゴリゴリしているのがわかって、『まだついている』と気づきましたが。脇腹から腕が生えているような感じ」

──冷静でいることはできましたか。

「いやいや、痛さと絶望感で、あのときの記憶は定かではありません。そのままカートに乗せられて、トレーナールームに連れていかれました。写真を撮ってもらおうと思ったんですけど、まわりがそんな雰囲気ではなくて、かなり深刻だったことをはっきりと覚えています。右腕の感覚もないし、原型をとどめてないだろうなと覚悟しました。裸になったら、人間の姿はしていましたけど」

腕が脇腹のあたりにある感じ.....と説明する森慎二コーチ photo by Motonaga Tomohiro

──本当に腕が飛んでいったと感じたのですね。それからどんな処置をされましたか。

「テープで肩を固定して、アイシングをしながら病院へ直行しました。脱臼といえば大相撲の千代の富士のイメージがあって、無理やりに肩を入れるのかと思ったのですが、ちょっと違いました。診察台の上にうつぶせに寝て、右腕を下ろし、手首に重りをつけた状態で『リラックスしろ』と言われました」