2017.04.30

貪欲になったカープ九里亜蓮は、
野村祐輔にアドバイスを求めて急成長

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke


 昨シーズン最多勝利の野村祐輔にも話を聞いた。試合前の練習で九里は野村とキャッチボールをし、その後にふたりで話し合う姿が印象的だった。

「配球について聞いてくることが多いですね。こういう場面ならどうしたらいいですか、とか。それに対して『こうしたらいいんじゃないかな』と答えられる範囲でアドバイスしています。いろいろと聞いてくるようになったのは今年からですね。去年まではあまりありませんでした」

 九里のピッチングについて野村に聞くと、「コントロールが一番じゃないですか」と言い、好調の理由をこう説明してくれた。

「今年はインコースへの投球が目立つところですけど、相手もプロなのでそれだけでは抑えられません。インサイドだけでなく、逆側のボールもいいですよね。ストライクゾーンを広く使えているから、バッターに的を絞らせない投球ができている。だから大量失点もなく、ゲームをつくれているんじゃないですかね」

 また、畝龍実(うね・たつみ)ピッチングコーチは九里について「心身ともに成長している」と語る。

「今年のキャンプでは、フォーシーム(真っすぐ)に威力が出てきたな、というのが一番の印象でした。そのことでコーナーにもしっかりと投げられるようになった。この3年は、力みから上体がすごくぶれ、投球動作が始まるとすでに体がぶれていました。その無駄な動きをなくすため、ワインドアップの際、後ろに引く足を小さくしてみようと。そのことでフォーシームの質が上がったのかもしれません」