2016.10.27

広島vs日本ハム「運命の5戦目」を前に
野口寿浩が読む優勝チーム

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

 では残り試合でどう起用するのか。普通に考えれば、第5戦を3番・DHで出場し、第6戦は先発登板だと思います。ただ、日本ハムが今日(第5戦)勝って王手をかければ、広島へ移動しての第6戦はクローザーとしても面白いかと。

 今シーズン、大谷は外野を一度も守っていませんが......守備に多少の怖さはあっても、それを上回る攻撃力を持つ大谷を使いたい。先発で投げた場合でも、下位打線で打席に立てますが、やはり上位に置きたい。第6戦は増井浩俊が中5日でいけますし、7戦目までもつれても有原航平が中4日ですが使える。これは、日本ハムが先に王手をかけた場合の話ですけどね。

 まずは、今日の第5戦ですが、広島はジョンソンを中4日で先発させることになりました。これは勝ちにきていますよね。シリーズ初戦では6回3分の2を1失点。日本ハムとしてはイヤな感じが残っているでしょうし。そう好きなようには打たせてくれない。

 そして日本ハムの先発は、CSファイナルでは結果の出なかった加藤貴之です。カープが王手をかけて本拠地・広島へ移動すれば、第6戦の先発は野村祐輔で、もし第7戦があれば、黒田の先発が濃厚です。そうなると日本ハムの勢いがなくなる可能性が出てくる。現時点では6:4で広島が有利ですかね。

プロ野球記事一覧>>

関連記事