2016.10.27

広島vs日本ハム「運命の5戦目」を前に
野口寿浩が読む優勝チーム

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

 二死二塁で3番・大谷翔平を敬遠気味で歩かせ、4番の中田との勝負を選択しました。大谷はこの試合で二塁打を2本打っていて、中田はバットを「これでもか」と振り上げている状態でしたので、これはありだと思います。結果、レフトへの逆転二塁打となるのですが、ただ、あの場面でなぜレフトに守備固めを出さなかったのか。赤松真人なり、野間峻祥であれば捕れていたと思われる打球でした。そこがミスといえばミスかもしれません。

 10回裏の大谷のサヨナラヒットは、仕方のないところです。二死一塁から西川遥輝が盗塁。大谷の打席で、一塁が空いていましたが、8回に中田にやられていましたからね。カウントも2−1と追い込んでいた。勝負の場面でしょう。これも結果的には、日本ハムのサヨナラ勝ちとなったわけですけど。

 当然ですが、今日の第5戦が大一番となりました。2勝2敗となった時点で流れや勢いは日本ハムですよね。ただ、広島も第4戦で負けたとはいえ、9回表に二死から満塁のチャンスをつくって意地を見せた。これは第5戦につながると思います。

 この先、広島のキーマンとなるのはチームの得点力という意味で田中広輔とみています。CSファイナルと比べれば調子を明らかに落としていますが、彼が出塁すれば打線が活気づく。第4戦の9回には、いいヒットを打って出塁しましたので、第5戦以降はいい感じで打席に入れるのではないでしょうか。

 日本ハムは、投打ともに大谷ですよね。やっぱり、大谷が打てばチームが最高に盛り上がりますから。