2016.07.09

こりゃ強いわけだよ。新設されたホークス「二軍施設」がスゴすぎる

  • 古江美奈子●文・写真 text&photo by Furue Minako

 サブ球場の『ホークススタジアム筑後第二』は天然芝育成のため、2017年からの稼働予定で、主に三軍が使用することになる。そのすぐ隣にあるのが室内練習場。プロ野球最大規模の広さを誇り、間接光による昼光利用やLED照明による最適な練習環境が整っている。

一軍の本拠地・ヤフオクドームとほぼ同じ大きさの「タマホームスタジアム筑後」一軍の本拠地・ヤフオクドームとほぼ同じ大きさの「タマホームスタジアム筑後」   環境のよさに加え、メイン球場と室内練習場、選手寮との距離が縮まったことは大きなプラス効果をもたらすことになりそうだ。昨季までは球場のある雁の巣か ら室内練習場・寮のある西戸崎は距離があり、若手選手はタクシーでの移動を余儀なくされていた。今はその移動時間を練習にあてることができる。

「これだけの施設があったら練習するしかないやろ。特に寮生は近いから練習し放題。我々も移動なしに見られるのはいいですね。練習量は増えますよ」と語るのは、藤本博史二軍打撃コーチ。

  また、井出竜也二軍外野守備走塁コーチは「メイン球場は人工芝だから、雨さえやめば練習ができる。天気予報を見ながらすぐに移動できるのはいいね。室内練 習場も広いから、内野ノックをしていても後方で外野練習ができるのは今までと違うところ。時間と施設を有効活用できています。選手の成長につながっている かは......まだこれからですね」と笑みを浮かべた。

 選手たちもこの新施設に満足している。クラブハウス内にあるトレーニングルームは広々と していて、ウエイト機材の数も種類も豊富に用意されている。これまでのように順番待ちをすることなくスムーズにトレーニングができ、「汗のかき甲斐があり ます!」と若手選手たちは言う。