2016.03.28

藤川球児「会話はなくても金本監督の言いたいことはわかる」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihito寺崎敦●取材協力 cooperation by Terasaki Atsushi

藤川 自分の考えはまとまってきています。今は次の世代に引き継ぐだけだと考えています。チームを強くして、若い選手を引き上げて、しっかり追い抜いてもらったら、すぐにでもユニフォームを脱ぎます。下からの突き上げを感じながら、「早く追い越せ」と。そうした相乗効果で勝っていきたいですしね。それでも全然構いません。

中谷 そうなんや。後輩を育てていこうという考えか。そういえば、一緒にバッテリーを組んだこと覚えている? オレの一軍初出場の試合だった。オレは途中から出てきたんやけど、球児はワンバウンドの球ばかり投げる。「どうしたの?」って思ったけど、それがオレのためだと後から知って、本当に驚いた。

藤川 その試合はスタメンだったベテラン捕手の方がワンバウンドを止められずに交代させられたんですよね。そこで仁さんが出てきた。僕は仁さんと組みたかったし、仁さんはワンバウンドを止められると知っていたから投げたんです。首脳陣の方に「コイツで大丈夫」と思ってもらえれば、仁さんは一軍でいられるし、バッテリーが組めるじゃないですか。期待通り、仁さんは止めてくれました。自分たちの世代がチームを強くしないといけないと思っていたから、そうしたんです。

中谷 それを聞いたときはうれしかった。ところで、若い捕手にやってあげたいこととは?

藤川 若い選手は「自分に実力がない」「伸びしろがない」と思い込んでいることが多い。そこを引き上げるのは、その選手の近くにいてあげて、難しいことをトライさせたり、投げて怖いなというコースを、「そこは(相手の)弱点だから投げよう」と教えてあげたり、難しいと思うことを簡単に成功させてあげたいんです。そうすれば伸びると思う。