2015.08.24

4連覇のキーマン。巨人の新核弾頭・立岡宗一郎にかかる期待

  • 高松正人●文 text by Takamatsu Masato
  • photo by Kyodo News

 リーグ4連覇を目指す巨人だが、8月23日現在、59勝56敗1分で勝ち越しているものの、首位の阪神に2.5ゲーム差の2位。3位ヤクルトにも2ゲーム差に迫られるなど、苦しい戦いを強いられている。

 今シーズン、原辰徳監督は「チームが新しく生まれ変わる年」と位置づけ、”新成”をスローガンに掲げたが、阿部慎之助や村田修一のベテランや、長野久義、坂本勇人ら既存の主力に頼らなくてはならない状況にある。そんな中、新たに不動のリードオフマンの地位を確立しようとしている若手がいる。外野手の立岡宗一郎(25歳)だ。

規定打席には達していないが、8月23日現在、打率.346をマークしている立岡宗一郎

「つかんだチャンスはもう離したくない」−−そんな気持ちがバッターボックスから伝わってくる。8月11日からのDeNA3連戦で立岡は全試合でマルチヒット(1試合2安打以上)を放った。原監督は「存在感では(打線の中で)最も輝いている。いちばん給料のいい選手のように感じるね」と賛辞を惜しまなかった。

 3戦目を終えると、立岡はホッとした表情でこう語った。

「前回のことがあったので……この前は(石田に)やられていたし、早いカウントから積極的に行こうと思っていました」

 立岡が言う前回とは、7月30日のDeNA戦のことだ。この試合、立岡はDeNA先発の石田健大の前に3打数2三振。3打席目を最後に松本哲也に交代させられた。

「3打席目の三振が悪かった。前の打席(三振)と同じようなミスだったので……」