2014.09.17

定位置なし。ソフトバンク・今宮健太が見せる超絶守備

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 繁昌良司●写真 photo by Hanjo Ryoji

 明豊高校を卒業する前、今宮に大分で話を聞いたとき、彼は「一番、見てもらいたいのが三遊間からの送球です」と話していた。もちろん、今の今宮も三遊間の当たりを何度も矢のような送球でアウトにしている……と思いきや、今宮が意外なことを口にした。

「そこ(三遊間からの送球)を見て欲しいという気持ちは変わらないんですけど……なかなか投げられないです。届かないんですよね」

 えっ、届かない――?

「ハイ、じつは届いてないことが多いんです。ワンバウンドになってしまう。アウトにすればいいじゃないかと言われますけど、そうじゃないんですよね(笑)。 ノーバン(ノーバウンド)に挑戦したいんです。ただ、ノーバンを投げようとしてショーバン(ショートバウンド)しちゃうのが最悪です。ショーバンするくらいなら、最初からワンバウンドを投げたほうがアウトになる確率は高くなりますから……でも現実には、ボールを捕って、できるだけ素早く投げようとすると、やっぱり届かないことが多い。届かせるためには、体の使い方が大切だと思います。体をうまく使えないと、絶対にできません」

 今宮は練習のキャッチボールのときでも、三遊間の深いところから素早いモーションで届くボールを投げられるよう、イメージしているのだという。

「いい体勢で投げられれば、ノーバンで投げられるんです。でも、ちょっとでも体勢が崩れるとシンカー系のボールになったり、沈むボールになってしまう。だから、崩れた体勢からでもノーバンで投げられる、うまい体の使い方を掴みたいんです」

 動物は経験を肥やしにする。今宮も経験値を上げていくたびに、体の使い方を覚えていくはずだ。スーパープレイが多い分、エラーも多いのが今の今宮だが、それもショートの宿命だと今宮は言う。

「アウトにするために勝負にいってのエラーは仕方がないと思ってます。ここは勝負だという局面は必ずありますし、そういう時にアウトにできなくてエラー(のランプ)がついたら、ああ、アウトにできると思ってもらったんだなと考えるようにしています(笑)」

関連記事