2014.04.16

平凡だけど非凡。岩崎優が「虎の救世主」と呼ばれるまで

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Nikkan sports

 だが、岩崎はマウンドを支配できる能力を持っている。最大の魅力は、自分のピッチングワールドを持っていることだ。

 自らの感性と裁量で、相手打者の匂いを嗅ぎとりながら、「投げてほしくない」コースに、「投げてほしくない」ボールを投げ分ける。ここ一番で、右打者の胸元、ヒザ元を突くクロスファイアーは、その最たるものだ。

 淡々と、そして飄々と投げるから、パッと見てすぐ新人とわかるような威勢の良さは持っていない。むしろ、すでに何年もプロのメシを食ってきたような、「老成」と言っては失礼だろうが、そんな表現を使いたくなる安定感を漂わせている。

 高校時代はサッカーの名門・清水東で、エースで4番として活躍。だが、目立っていたのは「投」よりも「打」だった。本格的に投手に専念したのは大学に入ってから。

 開幕から2試合連続して好投したから“即戦力”に見えるかもしれないが、岩崎の本質は豊かな伸びしろを秘めた「将来の左のエース」だろう。

 今シーズン、これから何勝するかわからないが、今年はあくまでも“新人研修”の1年。この先、長く阪神の投手陣を支える人材として、シーズンを通して戦い続けられる心身の“体力作り”も必要となってくるだろう。そうして蓄えられた財産は、きっと阪神投手陣を救ってくれるに違いない。

関連記事