2012.09.26

【プロ野球】
掛布雅之が語る「タイガースの現在と未来。そして監督……」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 説田浩之●撮影 photo by Setsuda Hiroyuki

―― 若手の中で、掛布さんが注目している選手はいますか?

「大和という選手の身体能力の高さに、ものすごく可能性を感じています。今は外野手としてプレイしていますが、本来のポジションであるショートを守らせてみたいですね。このオフに鳥谷(敬)が移籍するのか、残留するのかはわかりませんが、残留した場合でも鳥谷をサードにして、大和をショートにしてもいいんじゃないかと。彼の守備力とスピードは大きな武器になりますよ。打つ方では、中谷将大、伊藤隼太、森田一成ですね。特に、中谷という右打者をここ1、2年の間でどこまで成長させることができるのか。それが猛虎打線復活の大きなポイントだと思っています。将来的に彼らがタイガースを引っ張っていく存在になってもらわないといけない。彼らの活躍というのは大いに期待したいですね」

―― 一方で、福留孝介選手を獲得するのでは、という報道もありましたが。

「それをやってしまうと、また同じことの繰り返しになってしまう。これまでチームの顔であった金本が抜け、新たにチーム作りをしていかなくてはならない。ここはなんとしても生え抜きを中心としてやっていくべきです。今の巨人を見ても、阿部(慎之助)、坂本(勇人)、長野(久義)、内海(哲也)と生え抜きがチームの中心にいます。彼らがいるから杉内(俊哉)にしても村田(修一)にしても、いい環境でプレイできているんです。少々、時間がかかってもいいから、じっくりと若手を育ててほしい。いまタイガースはものすごく大切な時期を迎えています」

―― 球団初のGM制が導入されるなど、チームは大きな変革の時期にきています。そのなかで“掛布監督待望論”という声も上がっています。

「今は和田監督の下で選手たちも戦っていますし、おそらく来年も和田体制でいくでしょう。阪神OBとして和田監督を応援したいだけです。ただ、こういう話が出てくることは野球人として喜ばないといけないですし、自分としては嬉しい限りです」

―― 臨時コーチも報道もありました。

「僕のところにその話はまったくきていません。あれば、お話できるのですが……。ただ、新聞であれだけ載ったということは、もしかしたらそういう話は球団幹部であったのかもしれないですね」