2012.01.03

【プロ野球】山﨑武司「2000本安打より長嶋さんの本塁打記録を超えたい」

  • 石塚隆●構成 text by Ishizuka Takashi
  • 喜安●写真 photo by Kiyasu

金村 あと1カ月もするとキャンプインやけど、どういう気持ちになると思う?

山﨑 古巣といってもまったく知らない球団に入っていくような感じだと思うんです。中日からオリックスへ移籍してキャンプインした時、すごく不安な気持ちだったんです。どうしようかって。その時と一緒でしょうね。

金村 あらためてチーム内ではこうやっていければと思うところは?

山﨑 基本的に自分のスタイルを変えてまで野球をやろうとは思いません。だから、良く見られたいという気持ちは微塵もない。でも、雰囲気を悪くする必要はないので、コミュニケーションは図っていきたいと思います。僕がいることでやりづらくなる選手もいるはずなので、そういう選手とも話していこうと思いますね。まあ派閥抗争だけはしたくないので、巻き込まれないようにしないと(笑)。

金村 そういうヤツ結構おるからなあ。そんなヤツはタケシがシバくんやろ?(笑)。

山﨑 そんなことはしないですよ(笑)。やりたいなら「勝手にどうぞ」という感じです。僕は普通に若手に話しかけますし、当たり前のコミュニケーションをとるだけですよ。ただ、最近の若手選手は誰が誰だかちょっとわからないんですよ。ゴルフのコンペとかで、「2年目の○○です!」と挨拶されても、「えっ、誰だっけ?」みたいな感じだし......。

金村 もう歳やな。ま、おそらく向こうは怖がっているんやろうな。

山﨑 やっぱり恐いとか思われているんでしょうかね? そんなことないのに。ただ、言ってはヤバいなと思うことでも平気で言ってきただけで。

金村 それでもずっと今までやって来たんだから、幸せな野球人生やなあ。

山﨑 確かに、これまでずっと好き勝手言いながら、長いこと野球をやらせてもらえたのは僕ぐらいでしょうね(笑)。