2022.01.01

筒香嘉智が激白「どんなに厳しい状況でも日本に帰りたいと思ったことは一度もない」

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by AP/AFLO

 メジャー2年目の2021年、タンパベイ・レイズで開幕を迎えた筒香嘉智は26試合で打率.167と結果を残せず5月中旬にリリースされ、移籍したロサンゼルス・ドジャースでも12試合の出場にとどまった。だが、3チーム目のピッツバーグ・パイレーツでは43試合で打率.268、8本塁打、チーム2位のOPS.883と活躍。オフには契約を1年延長した。飛躍のメジャー3年目に向け、どんな手応えをつかんだのか。日本で自主トレ中の筒香に話を聞いた。

2021年オフにパイレーツと1年契約を結んだ筒香嘉智2021年オフにパイレーツと1年契約を結んだ筒香嘉智 この記事に関連する写真を見る 【今の自分の形なら勝負できる】

── 2021年シーズン終了後にFAとなり、パイレーツと単年契約を結びました。複数球団のオファーがあったなか、どんな理由で決めたのですか。

「まずひとつは、ドジャース傘下のマイナーにいる間に(パイレーツに)獲っていただいたことがあります。あとは代理人と話していくなかで、パイレーツという選択になったということですね。細かいことは、シーズンが終わってから言えればと思います」

── パイレーツと再契約した際の会見で、「毎年楽しみな部分はあるが、来年は楽しみの種類が変わるのかなと思っている」と話していました。

「2021年シーズンを経験し、バッティングや生活のことを含めて環境に慣れた部分があります。今の自分の形だったら勝負できると思うところがあったので、2022年はそういった意味で楽しみだと思っています」

── パイレーツでの活躍の要因として、ドジャースでの経験が大きかったとテレビ番組で振り返っていました。とくに3Aに行った際、「マイナーでもレベルが高くて、打たないと出られなくなると思った時にスイッチが入った」と。

「僕の伝え方が少し間違っていたかもしれないですけど、もちろんずっとスイッチが入っている状態でした。ドジャースでは自分のバッティングを取り戻すためにいろいろ試しながら試合に出ていたのが、マイナーではとにかく結果だけを求められる環境に変わったということです」