2020.03.17

大谷翔平に背中を押され同級生が
メジャー挑戦。「本気の言葉をくれた」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Ishida Yuta

「最初は、ウエイトひとつとっても上げる重さが半端なくて、『こりゃ、来るところを間違えたかな』と思いました(笑)。でも150キロを投げるためにはどんなフィジカルがベースになるのかを実感させてもらって、この重さを上げられるようになった自分がどんなボールを投げられるのか、それが楽しみになってきたんです。まだ自分にもできることはあるんだと思いましたし、馬力を評価されるメジャーで生き残るためのパワーアップが、少しだけですけど、できたんじゃないかなと思っています」

 岩手で生まれ育った小原は中学時代、盛岡北リトルシニアのエースとして全国大会へ出場した。小原が中3の春、地元の花巻東が菊池を擁してセンバツで準優勝、夏の甲子園でベスト4へ進出する。岩手県勢のかつてない躍進に胸を躍らせたのが小原であり、一関リトルシニアで全国大会を経験していた大谷だった。

 高校時代の小原は、エースの大谷を支える2番手のピッチャーだった。しかし、エースに頼り切りの2番手ではない。大谷が股関節のケガで投げられなかった2年の秋は、小原や佐々木毅といった控えのピッチャーが踏ん張って東北大会でベスト4まで勝ち上がり、センバツ出場を実現させた。

 そのセンバツでは大谷が先発し、バッターとして大阪桐蔭の藤浪晋太郎からホームランを打つなど存在感を示したものの、その試合に敗れ、小原の登板機会もなかった。夏は岩手大会の決勝で敗れて甲子園出場はならず、小原は高校を卒業して慶應義塾大に進学する。