2018.03.09

大谷翔平のア・リーグ新人王を阻む、
今季の「怪物ルーキー」は誰だ?

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • 益田佑一●撮影 photo by Masuda Yuichi

 オープン戦での活躍が日々報道され、ますます注目度が高まっているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手。ちまたでは早くも「今シーズンの新人王最有力」という声も聞こえてきます。そこで今回は、今シーズンの新人王レースで大谷選手のライバルとして名乗りを挙げてきそうなア・リーグのルーキーを紹介しましょう。

スプリングトレーニングに参加中の大谷翔平 まず紹介したいのは、ニューヨーク・ヤンキースのグレイバー・トーレス(21歳/右投右打)です。ベネズエラ出身の内野手で、2013年に当時16歳でシカゴ・カブスに入団。その後、マイナーで順調に結果を残していきましたが、2016年7月に「世界最速の男」アロルディス・チャップマンとのトレードでヤンキースに移籍しました。

 トーレスが一躍脚光を浴びたのは、その年に行なわれたアリゾナ秋季リーグです。「メジャーリーグの登竜門」と言われる舞台でヒットを打ちまくり、打率.403で首位打者を獲得。さらに当時史上最年少の19歳でMVPまでも獲得し、イチオシの若手有望株として話題となりました。

 当時ヤンキースを率いていたジョー・ジラルディ監督はトーレスのバッティングを見て、2012年にア・リーグ三冠王に輝いたミゲル・カブレラ(現デトロイト・タイガース)と比較したほど、その潜在能力に驚いたと言われています。ジラルディがフロリダ(現マイアミ)・マーリンズを率いたときにカブレラはその中心選手だったので、同じベネズエラ出身のトーレスに重なるものがあったのでしょう。

 しかしながら2017年6月17日、トーレスはマイナーの試合でホームにスライディングした際、左ひじのじん帯断裂という重傷を負ってしまったのです。結果、残りシーズンは全休となり、ようやく今年になって現場復帰を果たしました。現在は順調に回復しており、ヤンキースのキャンプにも参加しています。

 ベネズエラといえば、幾多の名ショートが輩出したことで有名です。トーレスも本来は遊撃手なのですが、今年はオフにマーリンズへ移籍したスターリン・カストロに代わる二塁手として期待されています。いずれはショートで4番を打ったこともあるディディ・グレゴリウスからポジションを奪う可能性もあるのではないでしょうか。