2012.03.21

【MLB】川崎宗則が開幕ロースター25人枠に残れる可能性は?

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

オープン戦では攻守両面でアピールに成功している川崎宗則日本人メジャーリーガー、それぞれの位置づけ【野手編】

 メジャー開幕まで残りわずかとなり、徐々に各チームの戦力構想が固まってきました。そこで今回は、日本人メジャーリーガーそれぞれの今シーズンの位置づけについて分析したいと思います。

 まずは今年、何かと注目を集めているシアトル・マリナーズ。イチロー選手は今年も変わらずですが、もっぱらの関心事は、マイナー契約中の川崎宗則選手です。今年のマリナーズは、セカンドにダスティン・アクリー、ショートにブレンダン・ライアン、サードにショーン・フィギンズと、すでに内野陣のレギュラーを確定させています。よって川崎選手が開幕25人枠のメンバーに入るには、いかにユーティリティプレイヤーとしてアピールできるかがカギでしょう。

 目下のライバルは、ベネズエラ出身のルイス・ロドリゲスという内野手です。ロドリゲスは昨年、マリナーズで44試合に出場し、わずか打率.197しか残せませんでした。しかし、劇的なサヨナラホームランを打ったり、すべての内野を守った実績もあるので、侮れない存在です。しかし、川崎選手も本職のショートはもちろん、セカンドやサードでもキャンプで猛アピールし、守備面では決して負けていません。ロビー・トンプソン内野守備コーチも、不慣れな三塁の守備について「併殺での動きもいいし、送球もいい」と高評価を下していました。

 さらに川崎選手の評価は、バッティング面でも上々です。オープン戦10試合で打率.320を残し、俊足を生かすために意識的にゴロを打ったり、バントやスクイズを決めるなど、持ち味をいかんなく発揮しています。また、エリック・ウェッジ監督も「川崎はとてもエネルギッシュで、チームメイトとも積極的にコミュニケーションを取っている」と、川崎選手の前向きな性格面も高く評価しています。現在、一歩リードした感のある川崎選手ですが、メジャー経験のあるライバルのロドリゲスも猛アピールしているので、開幕25人のメンバーにどちらが残るか、最後まで目が離せません。

 一方、同じくメジャー1年目となるミルウォーキー・ブルワーズの青木宣親選手は、外野手のバックアップという立場で開幕を迎えると思います。そもそも、昨年ナ・リーグMVPに輝いたライアン・ブラウンが薬物疑惑によって開幕から50試合の出場停止処分となった場合、チームは青木選手を代役に起用しようと考えていました。しかし、チームにとって幸いなことにブラウンの処分は下されず、それによりロン・レニキー監督は、1番ライトにコーリー・ハート、2番センターにナイジャー・モーガン、そして3番レフトにライアン・ブラウンを起用したいと明言。1番から3番まで外野手で固める構想を明かしました。

 レニキー監督は、青木選手を「すべての外野のポジションを守れる洗練された選手」と評価しています。つまり、貴重な『控え外野手』として考えているのでしょう。今年、ブルワーズは貴重な存在だった控え外野手のマーク・コッツェイをサンディエゴ・パドレスに放出したので、現在の青木選手の位置づけは、コッツェイと同じベンチ要員だと思われます。