2021.06.21

高校で控え→プロ野球を目指すまでに成長。努力の塊・仲田慶介の一芸

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 福岡大大濠には一般受験で入学した。

「中学時代は頭が悪かったんですけど、『大濠で野球をしたい』と猛勉強してなんとか入ったんです」

 だが、憧れの福岡大大濠では、現実を思い知らされた。スポーツ推薦で入学している三浦、古賀、東らとの差は歴然としていた。

「まったくレベルが違うと感じました。古賀は入った時はショートだったんですけど、野球センスも肩の強さも自分とはまるで違って本当に凄いと思っていました」

 だが、仲田は「3年生で絶対にレギュラーを獲る」という思いを持ち続けた。近所のバッティングセンターに週5日通い、納得のいくまで振り込んだ。

 プレイ回数が増えれば、その分金銭負担は大きくなる。だがその点について聞くと、仲田は意外な裏話を明かしてくれた。

「そのバッティングセンターには『ストラックアウト』でパーフェクトをとると、メダルがもらえる仕組みなんです。メダル1枚でバッティングを1ゲームできるので、毎回ストラックアウトでメダルを稼いでバッティングに費やしていました」

 またも理解が追いつかない。仲田によると、ストラックアウトをやり込んだことによって「どこにどう投げればいいか体が覚えた」という。ボードまでの距離が15メートルほどと近かったのも、仲田にとっては追い風だった。

 毎回パーフェクトをとれるようになり、バッティングにかかる金銭負担が3分の1程度に減った。あまりにもパーフェクトを連発するため、大学2年時には九州のテレビ局が取材に来たこともあったそうだ。

 高校3年春のセンバツは控え選手だったものの、夏の福岡大会は外野のレギュラーを獲得。見事に目標を叶えたのだった。

 さらに、仲田は「プロ野球選手になりたい」という夢も持ち続けた。身近なエリートに実力差を見せつけられても、その思いが揺らぐことはなかった。

「時間はかかっても、絶対にエリートたちを追い抜いてやる。夢をつかんでやると思ってやってきました」