2021.03.23

プロ注目右腕・福島蓮がセンバツで屈辱のKO負けも「大化けする可能性」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 5回を投げ終えた時点で、八戸西の監督・小川貴史は福島の交代を決断する。

「途中で修正する力があるので変化球を交えて踏ん張っていましたが、点差も離れていたので思い切って流れを変えたかったんです」

 試合後、福島は今日の投球の手応えを聞かれ、「あまり感じなかったです」と力なく答えている。

 とはいえ、福島蓮という大器の片鱗は見せられたはずだ。

 ボールの角度、しなやかな腕の振り、発展途上の身体。さらに牽制やフィールディングでも、洗練された身のこなしを披露した。監督の小川もその点を評価する。

「体が大きいので動けないだろうという悪い印象を持たれがちなんですけど、福島はフィールディングのいいピッチャーなんです」

 高校野球は発展途上の野球である。いくらドラフト候補と騒がれていても、高校時点の実力でプロでも活躍できる選手など皆無に等しい。いかに成長できる要素、余地があるかで高校生の未来は大きく変わっていく。福島のような晩成型の原石ならなおさら、今後信じられないほど大化けする可能性があるのだ。

 誰よりもその可能性を信じる中村は、試合後の全体ミーティングで「負けたのはエースのせいだ」と福島を叱責した。中村はその真意をこう明かす。

「甲子園という大きな舞台で高い授業料を払いました。情けない試合をして、全国の人たちの見世物になって......。蓮には夏なり、将来なりでこの借りを返してもらわないといけない。この悔しさで、あいつの取り組みが変わってくるはずです。蓮のポテンシャルを考えたら、たった1週間で大変身したっておかしくありませんから」

 その大きな体に眠るロマンは、残念ながら今春には日の目を見なかった。だが、いつか近いうちにきっと。福島蓮が甲子園で打ち込まれた日を懐かしむ未来が訪れる可能性は、決して低くない。

関連記事