2020.08.09

スカウト垂涎のスラッガーが集結。
「甲子園交流試合」で注目野手10人

  • photo by Ohtomo Yoshiyuki、Nikkan sports、Kyodo News

 8月10日から、新型コロナウイルスの感染拡大によって中止となったセンバツに出場予定だった32校による「甲子園交流試合」が開催される。各チーム1試合限定とはいえ、夢にまで見た大舞台でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみでならない。前回の投手編に続き、今回は注目の野手を紹介したい。

「甲子園交流試合」注目の投手はこちら>>

プロ注目の俊足強打の外野手、明石商の来田涼斗来田涼斗(きた・りょうと/明石商/178センチ・78キロ/右投左打)

1年夏からレギュラーとして活躍し、昨春センバツの智弁和歌山戦では先頭打者本塁打&サヨナラ本塁打という史上初の快挙を達成した。広角に長打を打てるバッティングに加え、50m5秒台の俊足も魅力。