2020.07.31

済美の注目スラッガーはパワー&技術あり。
ロッテ右腕の弟は将来性に期待

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 ピッチングの随所に将来性を感じさせる好右腕の多さも、愛媛大会の今年の大きなポイント。なかでも評価が高いのが、松山聖陵の平安山陽(へんざん・よう)だ。

 柔らかくトップをつくり、角度よくリリースされるストレートの最速は140キロ超。先発マウンドを任された昨春のセンバツは初戦敗退、雪辱を期して臨んだ昨夏の県大会は、主戦格としてフル回転するも決勝で敗れた。冬場は基礎的なトレーニングにも精力的に取り組むなど、心技体すべてに磨きをかけてきた。集大成の夏の快投を楽しみにしたい。

 昨夏の甲子園出場に貢献した宇和島東の右腕トリオにも力がある。旧チームでもエースナンバーを背負った舩田清志は、小気味よく投手優位のカウントをつくれる実戦派。土居豪人(ひでと/ロッテ)を兄に持つ土居毅人(たかと)、馬力とバランスのいいフォームの融合に思わず胸が躍る本格派・和田真虎(まなと)は、高校以降での成長も見守っていきたいポテンシャルを秘める。

 昨秋の県大会準優勝、四国大会出場の原動力となった小松の武田智真夢(とまむ)は、走者を出してからの粘りと集中力が真骨頂。新田の渡部凱斗(かいと)もゲームメイクセンスに長け、大崩れしないタイプだ。

 しなやかに右腕を振り下ろす林優斗、充実したフィジカルに依存しすぎず、上・下半身を連動できる左腕・合田叶夢の済美の2年生投手陣は、秋以降も追いかけていきたい存在。

 惚れ惚れする二塁スローイングを見せてくれる済美の矢野泰二郎、下級生ながら攻守両面でチームの支柱を担う新田の古和田大耀ら、投手たちを牽引する好捕手たちも忘れずにチェックしておきたい。

関連記事