2019.08.19

歴史的不作にスカウトはガックリ。
スピード、パワー偏重の野球に喝!

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 たしかに球速は、投手を評価するうえでわかりやすい数字である。だが、それだけでは勝てる投手にはならない。このような傾向は打者にも言えることで、体を大きくして、ただ振り回しているという選手が増えている。金属バットでは対応できるかもしれないが、木製バットでは苦労するだろう。

 あるスカウトはこう嘆いていた。

「ただ投げて、打っているだけのチームが増えている。昔に比べてピッチャーの球は速くなっているし、バッターだって遠く飛ばせるようになっているけど、やっている野球のレベルが下がっているように思える。もっと考えてプレーしないと、上のレベルにいった時に通用しなくなる。この先、考えていかないといけないでしょうね」

 近年は野球人口の減少も伝えられており、スカウト受難の時代はさらに続くだろう。こうした問題は高校野球に限らず、プロを含めた野球界の課題として取り組む必要があるだろう。

関連記事