2019.08.19

歴史的不作にスカウトはガックリ。
スピード、パワー偏重の野球に喝!

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 このほか、センバツ準優勝右腕の習志野・飯塚脩人は、初戦の沖縄尚学戦で6者連続三振をマーク。プロ志望届を出すかは現時点では未定だが、鈴木や前以上に推すスカウトもいた。

「センバツから大きく成長している。彼の最大の特長は、真っすぐが強いこと。球速以上にバッターが押されていた。志望届を出せば、獲りにいく球団はあるでしょうね」(パ・リーグスカウトA氏)

 捕手では、小学生の時から奥川とバッテリーを組む星稜の山瀬慎之助の強肩に注目が集まった。捕球してから二塁到達まで1秒9台のタイムもさることながら、糸を引くように伸びる軌道は高校生離れしている。

「地肩の強さは今大会ナンバーワンでしょう。プロでも肩で勝負できる捕手になれる。キャッチングもよくなっているし、リードにもセンスを感じる。バッティングは力不足だけど、それを度外視しても獲る価値はあります」(パ・リーグスカウトC氏)

 その山瀬擁する星稜と初戦で戦った旭川大高の捕手・持丸泰輝を推すスカウトもいた。

「スイング軌道は悪くないし、スローイングもいいものを持っている。育成まで広げれば、捕手不足の球団から指名があるかも」(セ・リーグスカウトD氏)

 また5季連続甲子園出場を果たし、2回戦の明徳義塾戦でホームランを放った智弁和歌山の東妻純平も高い評価を受けた。

「上背はないけど(172センチ)、プレーにスピードがあるし、パンチ力もある」(パ・リーグスカウトA氏)

 内野手では花咲徳栄の遊撃手・韮沢雄也が指名濃厚の評価だった。

「捕球してからスローイングに移るまでの形がいい。守備は高く評価できます。あと足があればいいんだけど......」(パ・リーグスカウトB氏)

 遊撃手では八戸学院光星の武岡龍世もプロ注目の選手だが、評価は厳しかった。

「守備はいいんだけど、決め手がないんだよね。夏の大会前はバッティングを崩していてひどい状態だった。一応リストには残しているけど、指名はどうかな......現段階はなにも言えないね」(パ・リーグスカウトC氏)