2019.07.24

大阪桐蔭、履正社に大阪偕星が待った!
指揮官はぼやくけど自信あり

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Sportiva

「1戦目、2戦目をコールドで勝って、選手の気持ちが緩んでいるといけないから、今日はバントをできる場面ではきっちり送っていきました。ホント、ちょっと目を離すとすぐに気持ちが緩みますからね……」

 7月23日に万博球場で行なわれた大阪大会4回戦の北野戦のあと、大阪偕星の山本晳(せき)監督は6対1で勝利した試合を振り返った。4回戦突破で「ようやった!」と喜ぶわけにもいかないが、ひとまず安堵感を漂わせながら、にこやかにぼやきが続いた。

「たまに打たせたらダブルプレー……もうちょっと考えて打ってくれよって思いますよ。北野高校の投手は、ウチが先に点を取っても集中力が切れない。淡々とコースを突いてきたところを、ウチの選手は雑になって攻めあぐねてね。もっと頭を使わないと」

「4年前と比べて、選手の力は今年のほうが上」と語る大阪偕星の山本晳監督 選手から「ボス」と呼ばれている山本のぼやきは、彼らに対する期待の表れでもある。今年の選手たちもボスによってたっぷりと鍛え込まれてきた。

「ハートだよ、ハート。素直な心を持てよ!」

「いつまで言い訳するんだよ。言い訳の人生で終わるのか! 心を磨くんだよ、心を!」

「苦労しないで身につくことなんかないんだから。やるのか、やらんのか、どっちなんだ!」

 山本が見据えているのは、もちろん4年ぶり2度目の頂点だ。大阪大会の抽選後、グラウンドを訪れた時も「今年はチャンス。2度目が大事ですから」と熱っぽく語っていた。

 4年前は、春の大阪大会決勝で大阪桐蔭に敗北。だからこそ、”打倒・大阪桐蔭”に闘志を燃やしていた。練習中は常にグラウンド脇に大阪桐蔭の試合映像を流し、相手選手の動きがすべて頭に入るぐらい繰り返し見た。この執念が実り、夏は準々決勝で大阪桐蔭を破り、甲子園まで一気に駆け抜けた。

 現チームは、昨年秋の大阪大会準決勝で大阪桐蔭に1対7と敗れ、今年の春は5回戦で履正社にコールド負け。ただ、2試合とも結果ほどの力差は感じられず、山本も「次やれば」の期待を口にする。

「大阪桐蔭、履正社と公式戦で戦ったのはウチの大きな強み。今年の大阪は混戦と言われていますけど、結局、この2つが上がってきますよ。ほかに気になるチームはありますけど、やっぱり大阪桐蔭、履正社が上がってくると思うし、上がってきてほしい」