2019.05.28

狙うは「ドラ1指名」。BC新潟の
エースが明かす意識改革のプロセス

  • 永田遼太郎●文 text by Nagata Ryotaro
  • photo by Nagata Ryotaro

「複数球団の競合によるNPBドラフト1位指名」

 自分に甘えが出ないように、あえて目標を高く設定した。実現すれば独立リーグ出身者初の快挙であり、メディアの注目度は断然上がる。

 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ、長谷川凌汰。

福井商、龍谷大学を経て、昨年BCリーグ新潟に入団した長谷川凌汰 最速153キロを誇る北陸が生んだ快速右腕は、ビッグマウスと捉えられてもおかしくない自身の目標について尋ねると、その意図をこう説明した。

「昨年はBCリーグ1年目だったこともあり、たとえ育成枠でも下位指名でもNPBに行ければいいと思ってやってきましたが、指名はありませんでした。そこで自分に何が足りないんだろうと考えた時に、まず頭に浮かんだのは意識の部分でした。1番上(の指名)を狙って、結果的に下の順位で指名されるのは仕方ないとしても、育成でもNPBに行けたらいいとか、下位指名でもいいとか考えていたら、『これぐらいやっていればいい』と、そこに合わせてしまう。

 今年は、大学卒業後に社会人に行った僕の同級生たちもドラフト解禁になります。もちろん比較されるでしょうし、彼らに勝ってNPBに行くには、もっと自分を高めていかなければいけない。ビッグマウスに聞こえてしまうかもしれないですけど、そこ(ドラフト1位指名)を狙っていかないと、NPBに入ることもできないんじゃないかと思うんです」

 そう話す長谷川の姿からは、強い決意と覚悟が感じられる。

 昨年秋に行なわれたBCリーグ選抜とオリックス二軍との練習試合で、長谷川は153キロをマークして一躍、時の人となった。ちょうどドラフトが差し迫った時期だったこともあり、メディアで取り上げられる回数も急激に増えたが、惜しくも指名は見送られた。長谷川が振り返る。

「昨年は150キロを出せばNPBに行けるんじゃないかと思っていましたし、知らず知らずのうちに150キロを出すことが目標に変わっていました。でも、結果として行けなかった。ならば、それ以外のところを伸ばしていかなきゃいけないと考え直したんです」