2019.04.04

奥川恭伸、石川昂弥、及川雅貴…
スカウトがドラフト候補をガチ評価

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「奥川の、奥川による、奥川のための大会」

 あるスカウトが言った表現が大げさではないぐらい、今大会は星稜(石川)の奥川恭伸に注目が集まった。初戦で強豪の履正社(大阪)から17奪三振の完封劇。自己最速を更新する151キロをマークした。2回戦で習志野(千葉)に敗れはしたが、10三振を奪う力投を見せた。

初戦の履正社戦で17三振を奪った星稜のエース・奥川恭伸「ここ10年では一番の完成度。松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大に匹敵する。ドラフト1位はもちろん、高卒ながら即戦力として考えられる」(パ・リーグスカウトA氏)

「去年から成長しているのが明らかにわかる。真っすぐとスライダーだけでゲームをつくれる。それに加えてフォークもあるんだから、バッターは大変ですよ。これほど完成度の高いピッチャーは、過去にいなかったのでは……。感心しました」(パ・リーグスカウトB氏)

「どの球種もコントロールとキレがあって、すべてにおいて高いレベル。非の打ちどころがない。今の段階でプロ野球のローテーションで投げていてもおかしくない実力がある」(セ・リーグスカウトC氏)

「角度があって、低めにしっかり投げ切ることができる。相手を見て、力を入れたり、抜いたりしながら投げているところも非凡。ああいうことができれば故障もしないでしょう」(セ・リーグスカウトD氏)

 なかには「重心が高いのが気になる」という声もあったが、「まさに10年にひとりの逸材」とスカウト陣からは絶賛の嵐だ。まだセンバツだというのに、スカウトのなかには「ウチのユニフォームが似合うかなぁ」と言う人までいた。

 その奥川の次に名前が挙がるのが横浜(神奈川)の左腕・及川雅貴(およかわ・まさき)だ。明豊(大分)に3回途中5失点でKOされたが、スカウトのスピードガンでは自己最速の153キロに迫る152キロをマーク。あらためてポテンシャルの高さを証明した。