2018.08.31

壮行試合で光った根尾と辰己の
フルスイング。スカウトがほしいのは?

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Kyodo News

 以前、ある試合でセンターの定位置から辰己が地面に叩きつけるような角度で放たれたボールがそのまま真っすぐに伸び、ミットを差し出したキャッチャーの手首に当たったことがあった。低く長く伸びる軌道は、本物の強肩の証。

 この試合でライトを守っていた根尾と、センターを守っていた辰己のふたりを見てふと思った。

 このふたりを、スカウトたちはどっちを評価するのだろうと……。

 ある球団のスカウト部長は「僕の立場からは、なかなかはっきりしたことは言いにくいけど……」と前置きし、こう語ってくれた。

「肩の強さはいい勝負。足の速さは辰己が2枚上。でも、野球センスはわずかに根尾が上回っている。とくに打ちにいくときのリズム、間の取り方……こういうのは教えてもできるものではないですから」

 もうひとり、根尾を評価するセ・リーグ球団のスカウトはこう言い切る。

「根尾に決まっているじゃないですか! 野球の取り組み方が違います。今日の”お祭り”みたいな試合でも雰囲気に流されず、一生懸命野球ができる。2打席目のセンターオーバーなんて、金属バットと同じ打球だった。すごく野球が上手になっています」

 このスカウトは、辰己に”緩み”を感じたとう。

「高校生の攻撃のときに、センター前ヒットで一塁ランナーが三塁を狙い、辰己はファンブルしたでしょ。プロはああいう場面で確実に刺せないと、どんどん抜かれていくんです。それにファンブルしたあと、照れたような態度をしていたけど、あれもよくない。たしかに、並外れた身体能力の持ち主ですけど、プロは身体能力を競うスポーツじゃない。ここ一番での精度と技術の世界ですから」

 一方で、辰己を推す声もある。

「足が違います。スピードも抜群だし、走っているフォームがいい。大阪桐蔭の藤原(恭大)も速いけど、足がうしろに流れる走り方で盗塁はどうなのかなって思うけど、辰己はバランスがいいし、膝が前に出る走り方だからスムーズにスライディングできる。盗塁王のタイトルも期待できますよ」