2018.07.03

150キロ超がズバズバ。日体大・松本航が
大学日本代表のエースへ名乗り

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

 まるで溜まっていた鬱憤(うっぷん)を晴らすかのような、猛烈な腕の振りだった。

 6月22日の侍ジャパン大学日本代表選考合宿初日。紅白戦の6回表から登板した松本航(わたる/日本体育大)は、1イニングを投げて打者3人で斬って取った。マウンドに上がって最初に打者に投げたボールが154キロ。その後もコンスタントに150キロ台に乗せる快速球と140キロ台の落ちるツーシームを投げ続け、最後はシュアな好打者・森下智之(明治大)に153キロの高めのストレートを振らせて三振を奪った。まさに「圧巻」と言うべき投球だった。

「フラストレーションは……たしかにあったかもしれませんね」

 登板後、松本はそう振り返った。

甲子園出場経験はないが、明石商(兵庫)時代からプロ注目の好投手だった松本航 昨秋は同じくドラフト候補の剛腕・東妻勇輔(あづま・ゆうすけ/日本体育大)との二枚看板で明治神宮大会を制覇。大学日本一という栄光から一転、4年生となった今春は首都大学リーグ3位に終わった。6月の大学選手権は東京ドームのスタンドで観戦。「悔しかった。ここでやりたいなぁ……と思っていました」。マウンドに飢えていた。

 あるベテランスカウトは、松本のことをこう評する。

「間違いなく即戦力になれる投手ですよ。ボールに勢いがある上に変化球でも勝負できる。大エースになれるかとうとわからないけど、すぐにプロのローテーションに入るだけの力はあります」

 もちろん、今秋ドラフトでは上位指名が有力視されている逸材である。今春、チームはリーグ3位に終わったとはいえ、松本自身は決して停滞していたわけではない。春の成績は8試合に登板して4勝3敗、防御率1.18。一部では「フォームを崩した」という報道もあったが、リーグ最終戦後に本人に確かめると、こんな答えが返ってきた。

「フォームと感覚が不一致だった時期もありましたが、次第に固まっていきました。ただ、コンディションによって噛み合わなくなることがあるので、それは今後に向けた課題ですね」