2018.03.16

原辰徳を超えたスラッガーが語る
「東海大相模の4番を打つということ」

  • 高橋博之●文 text by Takahashi Hiroyuki
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 65本塁打という数字についても、特に意識はしていないと森下は言う。

「やるからには一番になりたいというのはあります。でも、本塁打の本数はあとになってから知ったぐらいですし、別に一番じゃなくてもいいかなと......。それよりも勝ちたい。すべての試合で勝ちたいです」

 求めているのは優勝だけ。それしかない。

「主将の小松(勇輝)がチームの支柱で、山田(拓也)が守備の軸、僕が打撃の軸。この3人が芯となって戦うのが今年の相模のスタイルです。甲子園でもみんなが打ってほしいと思う場面で結果を出し、先頭になってチームを引っ張っていきます」

 ようやくたどり着いた甲子園。その大舞台で森下はどんな活躍を見せてくれるのだろうか。センバツが待ちきれない。

◆各球団スカウトが「獲り逃がした!」と悔しがるDeNA2年目の正体>>

◆神奈川の「世代最強選手」が、高卒プロ入り4年目でレギュラー奪取へ>>

関連記事