2017.05.24

清宮、野村の早実打線で、なぜか
「恐怖の9番」野田優人が打点荒稼ぎ

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 そんなチーム状況にあって実感するのは、早実打線の得点力の高さだ。清宮、野村の両スラッガーに依存することなく、下位打線でも得点を奪うことができる。関東大会準々決勝の作新学院戦は4対8で敗れたとはいえ、9番の野田が4打数4安打3打点と気を吐いた。

「(初回に4点を奪われ)まだ4点なら1点ずつ返していけば、ウチは最終回に強いので逆転できると思っていました。逆方向に打つ自分の持ち味は出せたと思います」

 試合後、野田は飄々(ひょうひょう)とした口調で取材に応じた。なぜ、好機で仕事ができるのか、その準備について聞いてみた。

「得点圏では、とりあえず初球のストライクを狙うことを考えています」

 しかし、この日放った2本のタイムリーヒットは、いずれも2ストライクと追い込まれてからの打撃だった。そう指摘すると、野田は「言われてみればそうですね」といった風情で、こう返してきた。

「昨日(花咲徳栄戦)は打てなかったので、今日は少し見ていこうと思いました。打ったのはどちらも変化球で、食らいついていこうと」

 狙い球に関しては「自分のなかで『こんな感じかな?』と考えることはあるけど、球種を張ってはいない」ということだった。どうやら野田の勝負強い打撃は、技術や戦略的な思考以上に気持ちの部分が大きいようだ。

「『チャンスで回ってこい』という気持ちはあります。僕が打てば上位に回るので、大量得点になる可能性が出ますから」