2016.10.20

「ドラフト会場に入るまで迷う」
田中正義と高校ビッグ4の評価

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 パ・リーグ某球団のBスカウトは言う。

「今でも1位候補として十分なんですけど、昨年のインパクトがありすぎて……。正直、どう評価していいのか、迷っています」

 素材の高さでは田中が抜けている――これは各スカウトの一致する意見だが、やはりコンディションの面で一抹の不安がついて回る。そもそも田中は創価高時代にも右肩を痛めて野手に転向し、大学から投手に再転向した経緯がある。プロの厳しく長いシーズンを乗り越えられるのか、来シーズンだけでなく2年目以降も働き続けることができるのか。そうした不安がスカウトたちの決断を遅らせている。Bスカウトは言う。

「大小あるにしても、ほとんどの投手はどこかに故障を持っています。それを必要以上に気にし過ぎると、いい選手が獲れなくなる。チーム事情が許せば、1年目は急がず様子を見ながら調整してもいいわけですし……」

 ただ、こう話すBスカウトはコンディションの面とは別の部分で、田中に気になる点があると言った。

「技術的な部分ですので詳しくは言えませんが、そのあたりで慎重になっている球団がもしかしたらあるのかもしれません」

 そうした状況のなかで、日増しに評価を上げてきたのが佐々木だ。スリークォーターからのストレートは150キロを超え、変化球とのコンビネーションも抜群。別のパ・リーグ球団のCスカウトも「佐々木は体の面で不安はないし、球のレベルも高い。田中を獲りにいくリスクを考えると、『なら佐々木で』となる球団がどれくらい出てくるのか」