2015.11.10

【自転車】TeamUKYOがJプロツアー個人&団体で「2冠」達成

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第82回】

 チーム結成4年目の2015年シーズン、TeamUKYOは国内で圧倒的な力を見せつけた。国内シリーズ戦「Jプロツアー」では、団体部門で2位のマトリックス・パワータグに大きなポイント差をつけて総合優勝を獲得。個人部門でも、畑中勇介がトップの座を守り抜いた。今季の強さの要因はなんだったのか。

(前回コラムはこちら)

今季のTeamUKYOは栄えある「輪翔旗」も獲得(写真は優勝した畑中勇介) 2015年のTeamUKYOは、国内シリーズ戦「Jプロツアー」の個人・団体の両部門で総合優勝を獲得した。個人部門は2013年から3年連続、団体部門は2013年以来2年ぶりの制覇である。

 ただし、レース内容は過去2年と比べると、大きな違いがある。過去2年は、飛び抜けた力を持つ選手がポイントをたくさん稼ぎ、団体部門の結果にも貢献していた傾向が強かった。だが、今年はチームの総合力が過去2年と比較しても、格段に強くなっているのだ。

 それは、2013年から2015年までのレース結果に如実に表れている。

 2013年は全16戦のうち、7勝を挙げた。TeamUKYOはJプロツアー参戦2年目で個人・団体両部門の総合優勝を達成したが、この7勝のうち個人総合優勝を遂げたホセ・ビセンテ(現マトリックス・パワータグ)が3勝を挙げている。この年に彼らが強さを発揮したのは、ビセンテの力に加えて、欧州のプロコンチネンタルチームで長年活躍した土井雪広が加入したことが大きい。司令塔として土井がチームをコントロールし、ビセンテが結果を出す――という展開で、個人部門ではビセンテと土井が「ワンツー」で1年を締めくくった。