2014.11.24

【自転車】片山右京「2014年シーズンで学んだこと」

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第32回】

 TeamUKYO結成3年目となる2014年シーズンが幕を閉じた。ツール・ド・フランスへの参戦を目標とする片山右京にとって、今年の出来栄えはどうだったのか――。2014年シーズンを総括してもらった。

(前回のコラムはこちら)

2年連続でJプロツアー個人総合優勝を果たしたホセ・ビセンテ・トリビオ 11月上旬の「ツール・ド・おきなわ」を締めくくりとして、TeamUKYOは2014年のサイクルロードレース活動を終了した。選手たちはそれぞれ来年に向けたトレーニングに励み、片山右京以下のスタッフたちは来シーズンに備えて準備を開始している。

 国内ロードレースシリーズのJプロツアーは、11月2日~3日に行なわれた「第20戦・大分ロードレース」と「第21戦・大分クリテリウム」がシーズン最後の戦いになった。昨年、個人とチームの二冠を達成したTeamUKYOは、両タイトルの防衛を目指してシーズンを戦い、個人部門では、TeamUKYOのホセ・ビセンテ・トリビオ(スペイン)が2年連続で年間総合優勝を獲得した。一方、チーム部門では、ランキング首位を走る宇都宮ブリッツェンを猛追し続けたが、ポイント差でわずかに及ばず、ブリッツェンがチーム総合優勝を獲得し、TeamUKYOは年間総合ランキング2位で終えた。

 この結果に対してチームを率いる片山右京は、個人部門のタイトル防衛は満足とする一方で、チーム部門のタイトルを逃したことについて、「国内レースと海外参戦レースの振り分けが敗因のひとつ」と話す。

「たとえば、今年のツール・ド・フランスを例にとって考えても、きっとみんなが憶えているのは、チームタイトルを獲得したアージェードゥーゼール・ラ・モンディアル(フランス)よりも、個人タイトルを獲ったヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア/アスタナ・プロチーム)だろうから、チームと個人のどちらに重きを置くかというと、個人タイトルだと思うんですよ。その意味では、ホセが2年連続で個人タイトルを獲得してくれたことは、とても良かったと思います。