2014.06.30

【自転車】片山右京「チーム初の欧州レースで得られるもの」

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第11回】

 若手も徐々に成長し、着実に戦力アップを果たしているチーム結成3年目のTeamUKYO。今年5月には本場欧州の強豪チームを相手に戦い、そして今夏、チームは新たな挑戦に挑む。片山右京が見据える将来のビジョンとは――。

(前回のコラムはこちら)

2014年の片山右京は新たに活動範囲を広げようとしている 7月は、将来のTeamUKYOの活動にとって、ターニングポイントの1カ月になるかもしれない――。

 チーム誕生以来、初めて、ヨーロッパのレースに参戦するのだ。

 まず、7月25日にスペインで「ビアフランカ・オルディシアコ[1.1(※)」というレース、そして翌週には7月30日から8月10日までポルトガルで「ボルタ・ア・ポルトガル[2.1(※)」に参戦する。

※数字前列の[1]はワンデーレース、[2]はステージレースを表し、後列の数字はレースのレベルを示している。詳細は「説明ページ」を参照。

 レース格式を見ればわかるとおり、前者はワンデーレースで、後者がステージレース。ともに、クラス1だ。これらのレースには、当然ながらプロツアーチームや強豪プロコンチネンタルチームが続々と参戦する。

「僕たちのチームの位置づけとしては、重要なレースというよりも、むしろ勉強をしに行くようなスタンスです。だって、向こうの関係者からは、『おまえらが来ても、15分で(レースの集団から)いなくなるぞ』と言われているくらいですから」

 と、片山右京は冗談めかして話す。

 とはいうものの、選手たちは本場のレースがまったくの未経験、というわけでは決してない。