2014.07.07

【自転車】片山右京「第101回ツール・ド・フランス開幕」

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第12回】

 片山右京が3年後の参戦を目標としている「ツール・ド・フランス」が今年も幕を開けた。世界中のロードレーサーが夢見るその大舞台に初めて参戦したのが、TeamUKYOのテクニカルアドバイザーを務める今中大介だ。今中は、片山右京の挑戦をどう感じているのか――。

(前回のコラムはこちら)

テクニカルアドバイザーとして片山右京とTeamUKYOを支える今中大介 7月5日、世界最高峰のサイクルロードレース、ツール・ド・フランスが開幕。101回目となる今年のツールは、イギリスのリーズからスタートした。

 初日は比較的平坦な190.5キロのコースを走るステージだったが、2日目は、9カ所の山岳ポイントが盛り込まれた起伏の激しい201キロを走破。そして3日目の7月7日は、ケンブリッジからロンドンまでの155キロを一気に駆け抜け、8日からはいよいよ舞台をフランスへ移す。22チーム・198名の選手たちは、7月27日の最終ステージ、パリ・シャンゼリゼのゴールを目指して、3週間に及ぶ苛酷な戦いを繰り広げる。

 この選手たちの中に、日本人の新城幸也(29歳/チーム・ユーロップカー)がいる。新城は今年5回目の参戦で、この世界最高峰のレースを日本人選手が走ることは、もはや当たり前のように受け止められつつもある。だが、もちろんそれは当然のことではない。新城がロードレーサーとして世界トップクラスの突出した能力を備えており、しかも、欧州の自転車ロードレース社会を生き抜いてゆく努力と強靱な精神、そして卓越したコミュニケーション能力を備えているからこその、プロツアーチーム所属であり、グランツール参戦である。

 彼のような日本人選手がツール・ド・フランスに参戦し、レースの本場で活躍する礎(いしずえ)を築いたのは、現在、TeamUKYOのテクニカルアドバイザーを務める今中大介だ。