2020.12.20

宮里藍の鋭い質問に宮司愛海がタジタジ!?「私もまだまだ修行中の身です」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

宮司愛海連載:『Manami Memo』第19回

フジテレビの人気スポーツ・ニュース番組『S-PARK』とweb Sportivaのコラボ企画として始まった宮司愛海アナの連載『Manami Memo』。第19回は、フジテレビの『東京2020オリンピック』アスリート・メーンキャスターであり、番組でも共演している宮里藍さんをゲストに迎え、スペシャル対談を行なった。まずは、ふたりが初対面で互いにどのような印象を持っていたのか。さらに、宮里さんの鋭い質問に宮司アナがタジタジに!? 楽しい会話を繰り広げた。

会話が弾んだ宮司愛海アナと宮里藍さん

宮司 宮里さんに初めてインタビューをさせていただいた際、(ゴルフ中継担当の)竹下陽平アナウンサーから「いい方だよ」という話は聞いていたのですが、本当に素敵な方だなという印象しかありませんでした。

宮里 ありがとうございます。

宮司 初めて話をうかがってみて、「なんてこの人は"聞き上手にさせ上手"なんだろう」と思ったんです。

宮里 えーっ、本当ですか?

宮司 聞いているこちらが、あたかも優秀なインタビュアーになったかのように錯覚してしまうくらい、質問しやすい話し方をしてくださったんです。「宮里さんって、本当に人間力がある方だな」と、すごく感激したのを覚えています。

宮里 この対談、なんか褒め合いになる感じがして、すごく照れ臭いんですけど(笑)。私もまったく同じようなことを思っていました。「宮司さんはすごく話しやすいな」というのが、最初に会ったときの印象です。

宮司 うわっ、うれしい。

宮里 現役の間もいろんなインタビューを受けてきたんですけど、宮司さんは不思議と「初めまして」の感じがなくて。すごくリラックスして話ができました。私自身は、一方的に喋ることも得意としていますけど(笑)、そのときは話をうまく引き出してもらえて、すごく楽しくお仕事させてもらいました。

宮司 そして今度は、東京オリンピックで、その興奮を一緒に伝えるキャスターとしてご一緒させていただくことになりました。最初にオリンピックのアスリート・メーンキャスターに就任すると聞いたときは、どんな心境だったのでしょうか。

宮里 オリンピックには何かしら携わりたいなという気持ちがずっとあったので、ゴルフの枠だけにとどまらないキャスターという形でお仕事をいただけたときは、すごくうれしかったです。そういった立場で、いろんな人に(情報を)伝えていく経験はまったくなかったので、最初は「本当に務まるのかな」という不安もありましたが、オリンピックに携われるワクワク感がそれを越えていく感じでした。

宮司 『S-PARK』でご一緒するようになってからも、宮里さんのコメント力や着眼点は、アスリートだったからこそでもあるのでしょうが、天性のものがすごくあるなと感じています。"天性の"と、私が言うのも偉そうですけど(笑)。

宮里 でも、私がそういった形でコメントさせていただく立場になったとき、最初に気づいたのは、私は本当にプロゴルファーとして「ゴルフ界にどっぷり浸かってきたんだな」ということでした。やっぱり「他の競技のことも知らないと難しいな」という壁が、最初はありましたね。

 ですから、その選手がどういう思いでこの大会に臨んでいるのかとか、自分と照らし合わせて、想像しながらコメントすることしかできないなと思ったんです。宮司さんたちプロの仕事を間近で見ていると、「自分もああいうふうにやりたいな」と思うんですけどね(笑)。