2014.04.09

広島の大物ルーキー・大瀬良大地、驚異の「計画的大食い」

 大瀬良選手はドラフトの少し前に友だちと広島旅行に行ったそうです。その時は、ちょうどクライマックスシリーズのファーストステージが開催されていた時期で、試合を見る予定はなかったそうですが、たまたま広島で知り合った方から「チケットが3枚余っているから」と譲り受け、パブリックビューイングを観に行ったそうです。大瀬良選手はそこで、広島の熱いファンの姿を目の当たりにしたといいます。その時からすでに、広島入団のためのレールが敷かれていたのかもしれませんね。

photo by Murakami Shogophoto by Murakami Shogo  入団後、丸佳浩選手や菊池涼介選手に「カピバラに似ている」といじられて"カピバラさん"とあだ名がついた大瀬良選手。言われてみてみると、ほんわかした雰囲気も含めて納得してしまうところもあります。ニュースでカピバラが並んで温泉につかっている映像を見るとホンワカした気持ちになりますよね。大瀬良選手には、それと同じような「心を解かすオーラ」があるように感じました。

 そんな日向ぼっこが似合いそうなほのぼのとした表情が、マウンドへ上がるとガラリと変わります。「試合用のユニフォームを着るとスイッチが入る」と言う大瀬良選手は、練習ではスピードガンで測って130キロ台のストレートなのですが、試合では最高153キロ。気持ちが入ることで、そこまで球威が変わるのかと、少し驚きでした。

「どんな投手が目標ですか?」という質問には「相手に点を与えないで勝てる投手」と答えてくれた大瀬良選手は、相手バッター云々ではなく、「キャッチャーミットに向かって自分の持っている力のすべてを出そうと、気持ちを込めて投げてきた」と言います。尊敬する投手は元ソフトバンクの斉藤和己さん。「気持ちで投げるところが自分と似ているから」とのこと。

 また、広島にはエースの前田健太投手がいます。大瀬良選手は「金魚のフンのように後ろについて回り、何でも吸収して少しでも前田さんに追いつけるように頑張りたい」と、同じチームに最高のお手本となる先輩がいることのありがたさを話してくれました。