2016.11.24

【書籍紹介】淡々と生きる
100歳プロゴルファーの人生哲学

 日本最高齢100歳のプロゴルファー、内田棟さん。家計を支えるため、10歳のときに始めたキャディーのアルバイトがゴルフとの出会いだった。

 それから独学で身につけた技術が評判となり、田中角栄、佐藤栄作など、角界の著名人にゴルフレッスンを行なったこともあるという。

 プロテストを受けたのは、55歳のとき。そこで一発合格を果たし、そこからプロゴルファーとしての人生を歩み始めた。

 そんな内田さんが、90年にも及ぶゴルフ人生を元にして語った人生の極意。自らの今後の人生に生かされるヒントが、そこに隠されているかもしれない。

淡々と生きる 100歳プロゴルファーの人生哲学
【目次】
第1章 生きるために始めたのがゴルフだった
第2章 遅咲きのプロゴルファー
第3章 私のゴルフ哲学
第4章 仕事ができる人間はゴルフでムダ口をたたかない
第5章 人生の「谷」を歩く時
第6章 100歳から見える景色

【著者プロフィール】
内田棟(うちだ むなぎ)
1916年長野県軽井沢生まれ。
プロゴルファー。日本プロゴルフシニア選手権で3位。ホールインワン5回達成。66歳と94歳で2度のがん手術を受けるも、95歳で日本プロゴルフゴールドシニア選手権大会関東予選出場を果たした。

詳細はこちら>

1

関連記事