2022.02.12

『ダンス甲子園』の生みの親・テリー伊藤がDリーグに興奮。「これはオリンピックにも出られる」

  • text by Sportiva
  • 石川高央●撮影 photo by Ishikawa Takao

Dリーグのレギュラージャッジを務めるテリー伊藤Dリーグのレギュラージャッジを務めるテリー伊藤 この記事に関連する写真を見る

テリー伊藤 インタビュー前編

 日本発のプロダンスリーグ「Dリーグ」。2021年1月に開幕したDリーグは現在、セカンドシーズンに突入し、レギュラーシーズンの12ラウンドのうち、半分の6ラウンドが終了した。出場11チームが約2週間に1回、オリジナルダンスを披露し、ラウンドごとに順位を決定していくDリーグで、ジャッジを務めているのが、テリー伊藤だ。

 ジャッジはダンサージャッジが4人、エンターテイナージャッジが4人の計8人。テリー伊藤はエンターテイナージャッジ枠で、そのなかでも唯一レギュラージャッジとして、全ラウンドを見る立場だ。

 80~90年代を代表するテレビ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の企画・総合演出を手掛け、のちに社会的なブームとなった『ダンス甲子園』の生みの親であるテリー伊藤が、再びダンスに関わったのは、どんなきっかけだったのだろうか。

「リーグの方が声をかけてくれたんです。ダンスの細かいところは、ダンサージャッジの方が評価していくので、僕はどちらかというと、このチームの子たちは、将来性があるなとか、人気が出そうだなとか、そんな魅力を発見しようかなと思っていて、そのニュートラルな視点のジャッジができるということで、僕を選んでくれたんじゃないかな」

 先の『元気が出るテレビ!!』の他に、『ねるとん紅鯨団』『浅草橋ヤング洋品店』など数々の番組で一流タレント・芸人を見続けてきたテリー伊藤。光る逸材を見つける、その慧眼は比類なきものだ。独自の視点を持つ彼がダンスをジャッジする基準は、厳しくもとてもストレートだ。

「ワクワクするとか、かっこいいとか、面白いとか、新鮮とか、見たことないとか、それが基準ですね。Dリーグは優勝賞金が3,000万円ですから、アマチュアではなくプロ。だから頑張るだけじゃダメで、お客さんを楽しませなくてはいけない。僕はプロフェッショナルな人やチームが好きなんですよ」

 エンターテイナージャッジの審査項目は、エナジー、クリエイション、表現力、スタイル、完成度の5項目で、それを各2点で採点し、合計すると10点満点となる。