2021.12.25

井上尚弥は「領域展開」を使っている? いとこで漫画家・浩樹が『呪術廻戦』で紐解く王者の強さ

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi

「特集:なぜ『呪術廻戦』にハマるのか」
(9)証言者:井上浩樹(元ボクサー・漫画家) 特集記事一覧はこちら>>

 呪いを祓(はら)う"呪術師"の戦いを描く、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の『呪術廻戦』。12月24日には、初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』が公開し、同作品にとって新たなステージを迎える。

 そんなクリスマスを心待ちにしているのは、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥のいとこで、元ボクサーの井上浩樹(こうき)。昨年7月に現役を引退し、現在は漫画家として活動している。自身のツイッターで「一番ハマっている漫画」として挙げていたほどの『呪術廻戦』ファンで、映画化される「0巻」は何度も読み返しているという。

 そんな彼に、漫画家とボクサーの両視点から『呪術廻戦』の魅力を語ってもらいながら、井上尚弥の裏話なども聞いた。

井上尚弥のいとこで元ボクサー。現在は漫画家としても活躍する浩樹さん井上尚弥のいとこで元ボクサー。現在は漫画家としても活躍する浩樹さん この記事に関連する写真を見る ──浩樹さんから見る、『呪術廻戦』の魅力を教えてください。

「僕はまず、主人公である虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)の物語への"入り方"に魅力を感じました。もともとは普通の高校生で、呪霊や呪力など何も知らないところから、急に呪術師の世界に入ってしまいましたよね。そんなゼロの状態で壁にぶち当たりながらも、ものすごいスピードで成長していく。僕の場合は、ボクサーとして強くなるまでかなりの年月を費やしましたけど、虎杖の呪術師としての人生の入り方、その後の歩みには感情移入してしまいました。

 物語の内容も、すぐに"特級呪霊"に遭遇して、最強の呪術師・五条 悟(ごじょう・さとる)先生が現れてと、どんどん強いキャラクターが出てくるじゃないですか。環境の変化、目の離せない展開の連続に、息をするのも忘れるくらい釘づけになってしまいました。加えて、画の迫力もすごい。魅力を挙げだしたらキリがありません」

──やはり漫画家の視点からも画力のすごみは感じますか?

「感じますし、それこそ僕は漫画家を志した頃、『呪術廻戦』の画を参考にさせていただいていた時期があるんです。今思えば本当に恐れ多いのですが(笑)」