2021.07.26

英雄フェルプスが大橋悠依を称賛。瀬戸大也が復活するために必要なこととは

  • text by Sportiva
  • photo by OMEGA、Kishiku Torao、Getty Images

競泳界の英雄マイケル・フェルプス。今大会はキャスターとして初来日競泳界の英雄マイケル・フェルプス。今大会はキャスターとして初来日 この記事に関連する写真を見る  歴代最高のスイマーと言われるマイケル・フェルプス(アメリカ)。オリンピックには2016年のリオ大会まで5大会連続出場し、団体も合わせると金メダルを23個も獲得している。オリンピックでのメダル獲得数で歴代1位を記録するなど、まさにオリンピックを象徴する選手と言える。

 そのフェルプスがテレビ局の競泳解説のために初来日し、東京に設けられたオメガのショーケーシングに訪れたところを直撃。日本人選手、そしてアメリカの強さについて話を聞いた。

――大橋悠依選手が400m個人メドレーで優勝しました。フェルプスさんは現場でその様子を見ていましたが、今回の彼女の泳ぎはどうでしたか。

 私は技術を重んじてきたスイマーなので、大橋選手の技術面をよく見ていました。決勝での彼女の泳ぎについては、背泳ぎが非常にすばらしかったですね。ストロークの時に水をしっかりかき上げて効率的に水の中で前進していました。本当に技術的にすばらしいですね。前日の予選でかなりいい手応えを掴んだのが、金メダルの結果につながったと思います。

――また400m個人メドレーで金メダル確実とまで言われていた瀬戸大也選手が、予選で全体の9位となり、決勝に進めませんでした。フェルプスさんは彼とレースをしたこともありますが、彼の泳ぎの印象とこの種目での敗因をどう分析しているのか教えてください。

 瀬戸選手とは過去に対戦していますが、本当にすばらしいスイマーだという印象を持っています。私はこの400m個人メドレーで世界記録を保持していますし、表も裏もよくわかっている種目なので、彼の予選落ちの理由についても分析できています。瀬戸選手は最初の50mをとばしすぎたのではないかと思います。400m個人メドレーで最初の50mをとばしすぎると、最後の50mがかなり厳しくなります。そこが敗因だったと思います。

 彼に伝えたいのは、この敗戦をモチベーションにして這い上がってもらいたいということです。もう一度この種目で優勝してほしい、それが私の願いです。