2019.04.05

競泳の日本選手権で喜びなき優勝が続出。
だが、若手の台頭には期待

  • 松田丈志●文 text by Matsuda Takeshi
  • YUTAKA/アフロスポーツ●写真 photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 競泳の日本選手権3日目までが終了した。

 ここまで決勝種目が13種目行なわれ、個人種目で国際大会への派遣標準記録を突破したのは3人と苦戦が続いている。あまり言葉にしたくないが、決して流れがいいとは言えない。

 選手は頑張っている。ただ、オリンピック前年の日本選手権としては、正直寂しい結果である。

女子400m自由形で優勝した難波実夢(中央)

 初日は決勝が3種目行なわれたが、いずれの種目も派遣標準記録に届かず、喜びなき優勝インタビューとなった。

 しかし、男女400m自由形ではともに若手が台頭してきたのは明るいニュースだ。

 男子400m自由形で初優勝した吉田啓祐は今大会初めて日本代表を狙って挑む大会となる。

 400m自由形決勝では緊張もあるなか、落ち着いたレース展開を見せ強烈なラストスパートでリオ五輪銅メダリストの江原騎士を逆転した。

  レース前、指導する竹村知洋コーチは最初の100mを53秒、200m通過を1分50秒〜1分51秒でターンするという指示を出していたというが、実際にはそれよりも100mで1秒、200mで約2秒遅れる展開となった。