2017.08.28

池江璃花子が再スタート。世界ジュニアで
明暗を分けた2レースの違い

  • 松田丈志●文・写真 text & photo by Matsuda Takeshi

 自分の力を出し切れなかった昨日のレースとのあまりの違いに驚いたが、これは自分の中で「こうやって泳ぐ」というイメージが具体的にできていたからだ。それが明確にあれば結果にとらわれないし、ベストパフォーマンスができる可能性は高くなると思う。

「池江のコンディションも世界選手権のときよりいい」と担当する村上コーチは語ってくれた。世界選手権から帰国後、池江のトレーニングへの意識が高くなっているという。

 これまで泳ぐ度に記録を更新してきた彼女だが、世界選手権では自己記録の更新はなかった。今後さらなる成長を求めるのなら、もっと努力が必要だと自分自身が感じ始めているのだろう。今日の50mバタフライでは、池江にとっては久しぶりの自己記録更新となり、素晴らしい笑顔を見せてくれた。

 これからも不安と自信とは付き合っていくことになる。結果も求められるだろう。その中で自分の泳ぎに集中できる方法を見つけていってほしい。レベルが上がれば上がるほど自己記録を更新する頻度は下がっていくかもしれない。しかしそれと反比例するように更新できた時の喜びは大きくなっていくはずだ。

■水泳 記事一覧>>

関連記事