2018.12.26

箱根駅伝のサプライズ候補。大砲、古豪、東大生ランナーも臨戦態勢

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

箱根駅伝・全チーム戦力分析【予選会下位+α編】

シード校編」「予選会上位編」に続き、最後の全チーム戦力分析となる第3弾は、予選会7位~11位、関東インカレ成績枠、関東学生連合の7チームを紹介。今回の箱根は5年に1度の”記念大会” になるため、出場枠が2校増えた。上位チームを脅かす活躍を期待したい各校の戦力をチェックしていこう。

シード校編はこちら>>
予選会上位編はこちら>>

※紹介は予選会の結果順

前回3区を走った4年の川澄克弥 photo by Matsuo/AFLO SPORT大東文化大学

「山の大東」パワーで勝負は往路重視

 今季は6年ぶりに全日本の出場を逃して、予選会も7位通過と勢いがない。登録選手上位10人の平均タイムもダウンしているが、「往路重視」のオーダーで勝負に出る。

 1万m28分台トリオの新井康平(4年)、川澄克弥(3年)、奈良凌介(3年)を1区、2区、4区に配置するオーダーが有力。5区は同区間で4年連続区間賞の偉業を達成した大久保初男を父に持つ、大久保陸人(4年)が候補に挙がる。前回は直前の故障に泣いたが、「山の大東」のDNAを引き継ぐ”ジュニア”が最初で最後の箱根でどんな走りを見せるのか。

 前回は主力の故障が相次いだこともあって16位に沈んだが、主力の穴を埋めた選手のうち8人が残っているのも強み。狙いどおり5区で急浮上することができれば、4年ぶりのシード権が見えてくるだろう。