2013.08.10

【続・東京マラソンへの道】中島彩「東京マラソン2014にエントリーしました!」

  • 中島彩●文 text by Nakajima Aya
  • 喜 安●写真 photo by Kiyasu

市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちは! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。8月1日、ついに『東京マラソン2014』のエントリーが始まりました! ちょうどその日は、なんと私の誕生日! 26歳になったので、新たな門出とともに、『東京マラソン2014への道』をスタートさせるべく、さっそくエントリーしましたよ! 「マラソン大会へのエントリー」というのは、どのマラソン大会でも募集があり、エントリー期間があり、当落が判明し、当選したら出走への準備をし、そして大会本番という流れになります。つまり、エントリーなしには始まらないのが、マラソン大会なんです! 今回のテーマは、「RUN×大会エントリー」。エントリーのHOW TOはもちろん、エントリーをするにあたって心がけていることを紹介します!

昨年初めて走った東京マラソン。ゴールした瞬間は最高の気分でした!(1)まずは気になる大会の概要をチェック!

「出たい!」、もしくは「気になる!」、というマラソン大会があれば、まずはエントリー情報をチェックしましょう。私は毎回、大会公式ホームページにアクセスして、「大会開催日」「開催地」「出走距離」など、実際に大会へ参加できるかを考えます。エントリーは半年前、遅くても3ヵ月前には始まりますので、エントリー期間は忘れずに要チェック! 私は以前、エントリー期限をチェックし忘れ、「気がつかぬ間にエントリーが終わっていた!」という残念なパターンがありました。よほどのことがない限り、マラソン大会のエントリー期間は一度だけです。「年に1度の大会だったのに……」と考えると、悔しさが倍増するので、「この大会に出てみたいな~」と思えば、まずはマメに情報をチェックしてくださいね!

(2)エントリーすれば、あとは天任せ!

 そして参加しようと思ったら、いざ、エントリー開始! 大会ホームページや、「RUNNET」や「SPORTS ENTRY」といった市民ランナー向けのエントリーサイトがあるので、私はここでエントリーしています。また、インターネットが苦手な方は、大会事務局への郵送などでもエントリーできますよ。そしてエントリーには、先着パターンと、抽選パターンがあります。東京マラソンの抽選エントリーは、ものすごい倍率で有名ですよね? 昨年はなんと、当選確率が10倍でした。抽選の場合、エントリー終了後、2週間~1ヵ月ぐらいで当選者(出走できるランナー)が発表されます。割とあっさりメールなどで知らされるので、落選していた時はガックリします(笑)。一方、先着順の場合は、エントリー開始直後から勝負です。参加希望者が一斉にインターネットでアクセスしてくるので、人気大会のエントリー開始時間が深夜だったりすると、朝方までアクセス待ちをすることも……。